<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< soup stock tokyo | main | gontran cherrier >>
上竪小路分譲地 山口市大殿地区


〜上竪小路分譲地のご案内(参考)〜

中世の時代、西国一の守護大名と言われた大内氏の華開いた大内文化、京の都を模した西の京、山口。京の都の鴨川に模した一の坂川、大内文化最高傑作である国宝”瑠璃光寺五重塔”。現在も大内氏の伝統と文化が継承される過去と未来の大殿エリアです。

大内氏時代山口古図 山口県文書館所蔵 マツノ書店
ピンクの☆印がおおよそ当分譲地の周辺と推定しております。











ピンクの☆印がおおよそ当分譲地の周辺と推定しております。
大内氏時代山口古図 山口県文書館所蔵 マツノ書店




















その後、時代は江戸へと変わり、毛利氏の時代となりました。当分譲地の前面道路は、萩往還や御成道と言われ、毛利氏歴代藩主が江戸へ参勤交代の際に往来した、萩城から防府市の三田尻港までの山陰と山陽を結ぶ全長53キロの道路となっていたそうです。幕末で活躍した維新の志士達の多くも通行したかもしれませんね。

現在の当分譲地周辺の道路/萩往還







萩城から防府市の三田尻港までの53キロの萩往還は下記の行程記に記してあります。
萩往還は、萩城から始まります。

萩城下町絵図 山口県文書館所蔵
 



萩城五層桜写真  山口県文書館所蔵


萩城周辺
行程記 山口県文書館所蔵



おおよそピンクの矢印辺りが当分譲地の場所と推定しております。
行程記   山口県文書館所蔵



山口市中心部周辺
行程記   山口県文書館所蔵



防府市三田尻港周辺
行程記   山口県文書館所蔵



江戸末期(幕末)の山口市は、明治維新に大きくかかわり、攘夷(日本が植民地になることを恐れ外国を追い払うこと)による、下関での長州藩が外国船へ砲撃した報復を恐れ、萩城(萩市)が海のすぐ側にあるため、藩政を行っていた萩城から藩政の地を山口の地へと移しました(山口移鎮)。現在の山口県庁の場所に山口城(御屋形)を建設し、この地で藩政を行いました。そして、ここから明治維新へと導いた中枢エリアとなったそうです。その後、山口城は取り壊され現在の山口県庁となっております。

レッドの☆印がおおよそ当分譲地の周辺と推定しております。
幕末山口市街図  山口県文書館所蔵



幕末山口市街図  山口県文書館所蔵
大き目の白い四角のところが、山口城/御屋形となります。



昨年の平成27年大河ドラマ”花燃ゆ”での毛利家の大奥編で中心となった場所の一つとして登場するのが、山口城(御屋形)内の奥御殿です。今は山口城は取壊され、現在の山口県庁となり、藩庁門、石垣やお堀だけが残っています。その周辺には、女優の田中麗奈さんが演じた”銀姫”こと毛利安子姫や女優の井上真央さん演じた主人公の”美和”さんも出入りされたとされる五十鈴御殿、俳優の北大路欣也さん演じた”大殿”こと毛利敬親公がお住まいになられる予定で建設された野田御殿(現在は取壊され山口市菜香亭があります)、当分譲地も大河ドラマの舞台の一つとなった山口城の周辺エリアとなっております。

藩庁門


山口城/山口御屋形差図 山口県文書館所蔵




野田御殿跡地(現山口市菜香亭) 山口市天花一丁目

 

古地図 野田御殿(現山口市菜香亭)

山口市歴史民族資料館所蔵

野田御殿に明治天皇がご宿泊されたそうです。



毛利敬親公銅像


本年度2016年/平成28年は、薩長同盟から150年周年を迎えます。、当時、瑠璃光寺五重塔を代表する香山公園内の沈流亭(当時は別の場所にあり、香山公園内に移築されたそうです)では、薩長同盟の協議が行われ、薩摩藩から家老:小松帯刀、西郷隆盛、大久保利通らが、長州から木戸孝允、広沢真臣、伊藤博文、品川弥二郎らが枕­流亭の階上において密議を重ね、連合討幕軍の結成を誓ったそうです。同じく、香山公園内にある露山堂(当時は別の場所にあり、香山公園内に移築されたそうです)では藩主:毛利敬親公(大殿)が茶事に事寄せて王制復古の大業について密議を交わしたそうです。

また、香山公園内には、毛利家墓所があり、大河ドラマ”花燃ゆ”に登場する大殿こと毛利敬親公と女優:松坂慶子さん演じた都美姫/毛利都美子姫のご夫妻、俳優:三浦貴大さん演じた毛利元徳公と
女優の田中麗奈さんが演じた銀姫/毛利安子姫のご夫妻、毛利元徳公と銀姫の子:毛利元昭公(幼少名:興丸:花 燃ゆ出演)ご夫妻の墓所があります。

2018年/平成30年は明治維新150周年を迎えることになり、記念すべき年となります。維新の原動力となった歴史とロマンのある大殿エリアだったのかも知れません。そのような大内氏の歴史や文化、幕末の毛利氏の歴史と現在が共生し、未来の生活文化を創られることを願っております。道路幅は余裕をもって通行できるようにと基本的には6m(一部除く)としております。号地によりますが、国宝:瑠璃光寺五重塔が、かすかに眺めることができる号地もあります。


蛍が舞う一の坂川と歴史を刻んだ古都、大殿エリア。

もし、当分譲地のネーミングをするなら、明治維新150周年を記念し、大河ドラマにちなんで“花燃ゆタウン”などいかもしれませんね(笑)。

万一、記載の歴史等の内容につきまして、独自調査や参考までの記載のため事実と異なる場合はご了承下さい。また、記載内容につきまして主観に基づく箇所もございすので、ご自身の目でお確かめ下さい。






号地により少し山口県庁が少し見えます。


号地により、かすかに眺めることができる国宝:瑠璃光寺五重塔












物件概要
所在:山口市上竪小路/天花一丁目
地目:宅地
用途地域:第一種中高層住居専用地域/第二種中高層住居専用地域
建ぺい率60%、容積率200%
設備:上水道、公共下水(負担金あり)、中国電力、都市ガス
道路幅員 6m(一部除く:4mなど)
交通:バス停 五重塔入口まで徒歩3分
取引態様:売主 成泰不動産及び長井不動産
販売区画:20区画
開発許可番号 第72号
完成予定 平成28年5月末〜6月末予定
広告有効期限平成28年3月末日
※一部土砂災害警戒区域にかかっております。
※電柱の位置は、売主の指示に従っていただくようになります。

分譲地サイトURL

http://www.nagaifudousan.com/category/baibai/index.php?x-vew=1&bid[]=303

販売価格11,438,790円/8号地〜19,524,450円/5号地
区画面積198.03/59.90坪/20号地〜391.19/118.33坪/5号地






募集中の区画(建築条件のない号地)
5、11、13、14号地(4区画)


5号地
11号地
13号地
14号地  商談中







下記の号地につきましては、販売代理契約等により下記の住宅メーカーへ直接お問い合わせ下さい(順不同)。

1、18、19号地 パナホーム株式会社 TEL(083)972-4304 
http://www.panahome.jp/bunjyo/detail/top/002020/

2、3、4、17、19、20号地 積水ハウス株式会社 TEL(083)976-1111
http://www.sekisuihouse.co.jp/bunjou/4/35203/b500005/s511000/00007067/06kuka.html

6、7号地 株式会社銘建 TEL0120-693-014

8、12号地 旭建設工業株式会社 TEL(083)922-0200

9、10号地 株式会社原工務店 TEL(0835)38-0233

15号地 高山産業株式会社 TEL(0837)62-0216

COMMENT









Trackback URL
http://blog.nagaifudousan.com/trackback/1552658
TRACKBACK